住まいと家族の健康を守る湿気対策

高温多湿の夏を過ごす住まいの工夫

イメージ

日本の夏は高温多湿。特に富山は年間の湿度の平均が75%超と、全国でもトップクラスです。湿気が多いとより蒸し暑く感じるもの。富山の住まいには、昔から夏を快適に過ごすための工夫が欠かせませんでした。例えば、続き間のふすまを開け放って風通しを良くしたり、床下に換気口を設けて、地面の湿気が室内に入り込んだり、柱や土台が腐食するのを防ぎました。
近年の住まいは高気密化が進み、快適性や省エネ効果が高まる一方で、自然換気が減り、湿気が室内にとどまりやすくなったといわれています。
湿気を放っておくと、結露が生じやすくなり、そこからカビやダニなどが発生し、広がっていきます。カビやダニはアレルギー性疾患の原因といわれています。
壁の中や床下の結露も要注意。家を支える構造材の腐食につながる恐れがあり、地震や台風の際に強度面での不安が出てきます。
湿気対策をしっかり行うことは、家族の健康、そして住まいそのものにとって大切なことといえます。

 

晴れた日は窓を開けて風を通そう

湿気対策の基本は、通気性を良くし結露を起こさないこと。晴れた日は窓を開け、押し入れやクローゼットの扉も開けて風を通すことを心がけてみましょう。
対角線上の窓を開けて空気の流れをつくり、上手く循環させるのがコツ。逆に雨の日は外気の湿気を取り込むことになるので、窓を開けないこと。窓や壁などに結露が生じたら、こまめにふき取ります。
浴室やキッチンだけでなく、洗濯機や食器洗い乾燥機、炊飯器、観葉植物などからも湿気は発生します。普段から換気扇を活用するのはもちろん、自然換気が行き届かない場合は除湿機やエアコンのドライ機能も使ってみましょう。このほか、炭、段ボール、重曹、新聞紙といった湿気を吸いやすい素材を、気になる場所に置いて除湿する方法もあります。
洗濯物の室内干しも極力避けた方が良いでしょう。洗濯物5kgで洗濯後は約3ℓの水分量を含むそうです。どうしても室内干しする場合は、洗濯物と扇風機の間に除湿機を置いて、乾いた風が洗濯物に当たるようにすると良いようです。

 

調湿作用のある建材にも注目

日本の住まいで昔から使われてきた木材や土壁、漆喰、和紙などには優れた調湿作用があります。調湿とは、多湿時に湿気を吸収し、乾燥時にはためた湿気を放出する機能のこと。新築やリフォームの際には、こうした調湿作用のある建材が注目されるようになっています。
無垢の木のフローリングは素足で歩いてもベタつかないといわれています。漆喰や珪藻土を塗った壁は吸湿性が高く、畳にも調湿作用があります。押入れなど湿気がこもりやすい場所には全面に桐材を張るのが効果的とか。また、床下の防湿には備長炭がよく使われています。
加えて、断熱性の高い窓ガラスやサッシは、結露を抑える効果が期待できます。
住まい方と住まいの両面で、湿気対策ができれば理想的ですね。

 



■Vol.1〔地球にも人にも優しい家づくりを〕  ■Vol.2〔雪に親しみ雪を楽しむ豊かな暮らし〕
■Vol.3〔和の文化に親しみ、ゲーム感覚で節電に取り組む〕  ■Vol.4〔家族の命を守る家 長持ちする家づくりを〕
■Vol.5〔収納スペースをフル活用してすっきり暮らしやすい住まいを〕
■Vol.6〔間取りをイメージすることで理想の暮らし方を考える〕
■Vol.7〔省エネ型ライフスタイルを楽しく実践して快適に〕  ■Vol.8〔天候を考えた備えと工夫で快適で安全な暮らしを〕
■Vol.9〔自分にあった収納をみつけよう!〕  ■Vol.10〔住まいと家族の健康を守る湿気対策〕
■Vol.11〔子育てママ目線の家族空間づくり〕 ■Vol.12〔「住まいセンスアップのコツ」〕 ■Vol.13〔「住まいのお手入れについて」〕 ■Vol.14〔「梅雨の季節を快適に過ごす工夫」〕 ■Vol.15〔「北陸の夏を快適に過ごすには」〕