子育てママ目線の家族空間づくり

子どものために安心・安全に配慮を

イメージ

ハイハイやヨチヨチ歩きの赤ちゃんからは目が離せないもの。ママがいる場所から常に子どもの様子が見られると安心です。子どもが小さなうちは特に安心・安全に配慮した空間づくりが大切。このため、ママがいる時間が長いキッチンからリビング・ダイニングが見渡せる間取りが人気です。料理中でも子どもの様子がわかれば、家庭内での思わぬ事故を未然に防ぐことにもつながります。新築やリフォームの際には、「壁の角に丸みをもたせる加工を施す」「浴室の床に滑りにくい素材を使用する」といった細かな配慮へのニーズも高まっています。家具の角に取り付けるコーナーガードやベランダの入り口に設置するセーフティゲートといった市販の便利グッズもあるので、上手に使いたいですね。
また、建材に含まれる化学物質が原因とされるシックハウス症候群やアレルギーの症状を訴える子どもも増えていることから、健康に配慮した自然素材への関心も高くなっています。

 

スムーズな家事動線がゆとりを生む

仕事や家事、育児に忙しいママにとって、「家事動線」は重要。家事動線とは、住宅内で炊事・洗濯・掃除などの家事を行うときに、人が移動する経路をいいます。人の動きを線で表すもので、動線が短ければ、無駄な動きが少なく効率的と言えます。例えば料理をしながら洗濯をする場合、キッチンと洗濯機がある洗面室を行き来することを考えると、扉1枚で移動できれば楽。そこに洗濯物を干すスペースやたたんだりしまったり、アイロンがけができたりするスペースがあれば、移動距離と時間をさらに短縮することができます。こうした家事を多目的に行える空間をユーティリティスペースといい、家事の合間の休憩スペースやママの趣味の部屋としても使えると注目されています。
家事は毎日のこと。スムーズな家事動線で効率をアップさせ、家事時間を抑えることができれば、子どもと過ごす時間や自分の時間を増やすこともできそうです。

 

使う場所に収納し片付けはみんなで

すっきりとした住空間にしたいと考えたときに大切なのが、収納スペースです。収納のポイントは、使うものを使う場所の近くにしまうこと。そうすれば必要なときにすぐに取り出せ、すぐにしまえます。外出時に必要なものは玄関近くの見える場所に収納すれば、忘れる心配も少なくなります。最近では、ベビーカーや子どもの濡れたレインコートなどもしまえる広いエントランス収納が人気。ほかにも、「キッチンのそばに大容量のパントリーを設置する」「リビングにおもちゃの収納スペースを用意する」など、それぞれの暮らしに合った収納をすることが理想です。
子どもの成長に合わせて生活空間も生活用品も変わります。暮らしの変化に合わせて不要なものは整理した上で、どこに収納すると使い勝手がよいのかシミュレーションしてみましょう。そして、使ったものは元の場所に戻すようにみんなで心がければ、家族空間を快適に保つことができるのではないでしょうか。

 



■Vol.1〔地球にも人にも優しい家づくりを〕  ■Vol.2〔雪に親しみ雪を楽しむ豊かな暮らし〕
■Vol.3〔和の文化に親しみ、ゲーム感覚で節電に取り組む〕  ■Vol.4〔家族の命を守る家 長持ちする家づくりを〕
■Vol.5〔収納スペースをフル活用してすっきり暮らしやすい住まいを〕
■Vol.6〔間取りをイメージすることで理想の暮らし方を考える〕
■Vol.7〔省エネ型ライフスタイルを楽しく実践して快適に〕  ■Vol.8〔天候を考えた備えと工夫で快適で安全な暮らしを〕
■Vol.9〔自分にあった収納をみつけよう!〕  ■Vol.10〔住まいと家族の健康を守る湿気対策〕
■Vol.11〔子育てママ目線の家族空間づくり〕 ■Vol.12〔「住まいセンスアップのコツ」〕 ■Vol.13〔「住まいのお手入れについて」〕 ■Vol.14〔「梅雨の季節を快適に過ごす工夫」〕 ■Vol.15〔「北陸の夏を快適に過ごすには」〕