「北陸の夏を快適に過ごすには」

エアコンや扇風機を上手に利用しよう

イメージ

高温多湿で暑さ厳しい北陸の夏。
エアコンや扇風機などの家電を上手に利用して、できるだけ快適に過ごしたいですね。
エアコンの設定温度は外気温に合わせて調節しましょう。室温が外気温からマイナス5〜6度以内になるように設定すると、体への負担が少ないといわれています。
エアコンは部屋を冷やすまでの間に多くの電力を消費するため、風量設定は弱風や微風より、最初は強風で部屋が冷えたら微風になる「自動運転」にするのが最も効率的です。冷たい空気は下にたまりやすいため、風向きは上向きか水平で、冷たい空気が上から下に循環するようにすると部屋全体が冷やされます。暑いと感じたら、設定温度を下げる前に風量を強めたり、扇風機を同時に使ったりしましょう。風に当たると体感温度が下がり、涼しく感じられます。
電気代を考えた場合、風量を強くする方が設定温度を下げるよりも消費電力が少なく、節約につながります。また、フィルターにゴミやホコリなどが詰まると冷房効果が弱まるので、こまめな掃除も大切です。

 

暮らしに取り入れたい昔ながらのアイデア

日本の暮らしには、夏を快適に過ごすための昔ながらの工夫がみられます。すだれを吊るしたり、植物で緑のカーテンを作ったりして直射日光を遮るのもその一つです。
軒に吊るして日差しを遮るすだれ。屋内にも吊るせますが、屋外に吊るして熱を遮ると暑さがより和らぎます。竹やあしなどの天然素材でできたすだれは、通気性もよく、見た目にも涼しげ。ゴーヤやヘチマなどつる性の植物で作る緑のカーテンは、葉から水分が蒸散されることで周囲の温度を下げてくれます。植物の種類によっては、花や葉を観賞する、実を収穫するなどの楽しみもあります。
早朝や夕方に行う打ち水も効果的です。水が蒸発するときの気化熱によって地面の熱が奪われ、周囲の温度が下がります。水はお風呂の残り湯や雨水を使いましょう。
このほか、うちわや扇子を利用したり、氷のうで首の後ろや手首を冷やしたり、風鈴の音色や寒色系のインテリアで涼を感じたりと、日本古来の方法も取り入れながら、ひと工夫してみてはいかがでしょう。

 

北陸の気候風土に合った快適な家づくりを

イメージ

夏は高温多湿でむし暑く、冬は雪や雨の日が多くて寒い北陸地方。夏は涼しく冬は暖かい家で、一年中快適に暮らしたいですね。
快適な暮らしには、北陸の気候風土に合わせて、住まいの断熱性や気密性、調湿性などを考慮した家づくりが必要です。高性能な断熱材を使用し、夏は太陽の熱を遮断して外気の影響を受けにくくしたり、室内のすき間をなくして外気の出入りを抑え、家の中の涼しい空気を外に逃がさないようにしたり。合わせて室内の空気を快適に保つための、換気システムを導入するのも有効。ほかにも太陽の熱をカットする窓ガラスを使う、湿気の吸収と放出を繰り返して湿度を調節する性質がある木材や「しっくい」などの自然素材を取り入れる、といったさまざまな方法があります。
長い歴史がある日本の木造住宅。木の家には、木ならではのぬくもりや安らぎ、香りといった魅力があります。木材は断熱性にもすぐれ調湿性も高いため、木の家は一年を通して湿度が高い北陸に適した家といえるでしょう。

 



■Vol.1〔地球にも人にも優しい家づくりを〕  ■Vol.2〔雪に親しみ雪を楽しむ豊かな暮らし〕
■Vol.3〔和の文化に親しみ、ゲーム感覚で節電に取り組む〕  ■Vol.4〔家族の命を守る家 長持ちする家づくりを〕
■Vol.5〔収納スペースをフル活用してすっきり暮らしやすい住まいを〕
■Vol.6〔間取りをイメージすることで理想の暮らし方を考える〕
■Vol.7〔省エネ型ライフスタイルを楽しく実践して快適に〕  ■Vol.8〔天候を考えた備えと工夫で快適で安全な暮らしを〕
■Vol.9〔自分にあった収納をみつけよう!〕  ■Vol.10〔住まいと家族の健康を守る湿気対策〕
■Vol.11〔子育てママ目線の家族空間づくり〕 ■Vol.12〔「住まいセンスアップのコツ」〕 ■Vol.13〔「住まいのお手入れについて」〕 ■Vol.14〔「梅雨の季節を快適に過ごす工夫」〕 ■Vol.15〔「北陸の夏を快適に過ごすには」〕