収納スペースをフル活用してすっきり暮らしやすい住まいを

収納スペースを使いこなそう

収納の基本は、モノがすぐしまえて欲しいときに取り出せること。使う場所の近くに収納するのが最適です。よく使うものは手前に、あまり使わないものは奥や天袋、重いものは下段にと、配置を考えて片付けてみましょう。

イメージ
備え付けの押入れやクローゼットは貴重な大容量収納スペースですが、上手く使うには工夫が要ります。例えば、奥行きのある押入れは、カラーボックスなどで仕切りをつくると出し入れしやすくなりますし、衣装ケースやコの字ラックなどで底上げすれば上部のすきま空間が解消されます。下段に置く重いモノはキャスター付きのすのこ板に乗せて収納すると取り出しがスムーズに。奥に保管するモノの前には、つっぱり棒を縦に設置すると荷崩れを防ぐことができます。ひと工夫して、使い勝手と収納力をアップさせてみましょう。
見やすく収納することも大切なポイントです。クローゼットの服は、ズボンやスカートなどのアイテム別に分けて、長さや向きをそろえると効率的。コーディネートもしやすくなります。

 

モノを減らす心がけを

住まいを選ぶ際、収納スペースの多さや大きさにこだわる人は多いはず。初めは余裕の収納量でも、生活しているとモノはどんどん増えていきます。家の中が「片付かない」「すぐちらかる」と悩んでいる人は少なくありません。
ここ数年、整理収納術がちょっとしたブームになっています。背景には、あふれるモノに振り回されない、シンプルな生活や生き方への憧れがあるようです。すっきりと暮らすためには、不要なモノを捨てることも大切です。
とはいえ、思い出の品や、「いつか使うかもしれない」モノは、なかなか思い切って捨てられません。まずは、「今使っているモノ」「使っていないモノ」に仕分けてみるといいでしょう。収納スペースがあれば捨てづらいモノをまとめて収納し、残ったモノは不要なモノと納得して捨てることができるはずです。

 

心地よい住まいで家族円満に

小さな子どもがいる世帯にとっては、子どものおもちゃや絵本などの片付け場所も悩みどころです。お子さんと一緒に片付けできるような環境づくりを意識してみましょう。ミニカー、ブロック、人形など、アイテム別に箱や引き出しに収納し、入れ物の大きさにも注意します。奥行きや深さがありすぎると出し入れしにくくなってしまうからです。

イメージ
整理収納は確かに時間と手間が掛かりますが、まずは引き出し1段からでも挑戦してみましょう。毎日少しずつやるのが長続きのコツ。ライフスタイルは年齢とともに変化していくものですから、定期的にチェックして、モノを増やさないよう心がけていきましょう。
運気を上げるためにも整理整頓は欠かせないとか。住まいがすっきり居心地よくなれば、気持ちにもゆとりが生まれ、家族円満へとつながっていくかもしれません。

 



■Vol.1〔地球にも人にも優しい家づくりを〕  ■Vol.2〔雪に親しみ雪を楽しむ豊かな暮らし〕
■Vol.3〔和の文化に親しみ、ゲーム感覚で節電に取り組む〕  ■Vol.4〔家族の命を守る家 長持ちする家づくりを〕
■Vol.5〔収納スペースをフル活用してすっきり暮らしやすい住まいを〕
■Vol.6〔間取りをイメージすることで理想の暮らし方を考える〕
■Vol.7〔省エネ型ライフスタイルを楽しく実践して快適に〕  ■Vol.8〔天候を考えた備えと工夫で快適で安全な暮らしを〕
■Vol.9〔自分にあった収納をみつけよう!〕  ■Vol.10〔住まいと家族の健康を守る湿気対策〕
■Vol.11〔子育てママ目線の家族空間づくり〕 ■Vol.12〔「住まいセンスアップのコツ」〕 ■Vol.13〔「住まいのお手入れについて」〕 ■Vol.14〔「梅雨の季節を快適に過ごす工夫」〕 ■Vol.15〔「北陸の夏を快適に過ごすには」〕