MODEL HOUSE REPORTモデルハウスリポート アルスホーム編
四季折々の自然に寄り添う暮らしを提案するアルスホーム。広々としたサッシが印象的なこの展示場も、季節の変化を身近に感じながら、心地よく暮らせる住まいとなっています。
季節とともに移り変わる自然が生活の中にとけ込む空間
暮らしの起点となる1階のLDK。この空間を特徴づけているのは、8.2mにわたって開け放てる大きなサッシです。部屋の端から端までを占めるサッシからは、家の外に広がる庭を見渡すことができます。たくさんの木々や芝生に彩られた庭は、夏の緑や秋の紅葉、冬の雪景色と、季節の移ろいに合わせて表情を変えていきます。また、サッシの向こうに広がる土間縁と室内との段差をほぼなくすことで、家の内外の一体感を演出。四季折々の自然を、暮らしの中で身近に感じられるデザインとなっています。
ソファでくつろぐリビングと、家事を行うキッチン、食事を楽しむダイニング。部屋のどこからでも庭の自然を見ることができる環境が、大きなサッシによって作り上げられています。
DINING ROOM
庭の眺めが楽しめるダイニングでは 食事も会話も弾みます。
STUDY CORNER
LDKの一角にある「スタディコーナー」は、家族のコミュニケーションスペース。
KITCHEN
キッチン脇の「ミセスコーナー」で、家事の合間にほっと一息。
心地よい暮らしを守る、安全・省エネにすぐれた独自技術

LDKの大空間や大きなサッシを実現できるのは、高い耐震性能と、暑さ・寒さを防ぐ断熱性能があってこそ。この家は、柱・梁・壁が一体となったパネルを使用する「プレウォール工法」により、しっかりと支えられています。 アルスホームでは、繰り返す余震を想定した実大実験を実施。震度6〜7の振動に10回以上耐えられることが実証されました。また、このパネルは断熱材で隙間なく覆われています。工場での安定した品質で施工することで、ムラのない断熱性能を実現。大きな窓をそなえた大空間ながら、冬場でも床暖房をメインに最小限の暖房で快適に過ごすことができます。
このプレウォール工法により、年間で平均約7万円の光熱費を削減することが可能となっています。日々の暮らしに優しい一方で、いざという時には家族の安全をしっか りと確保。世代を超えて、安心して 住み継ぐことができる住まいです。

WASHITSU
普段はもちろん、来客時にも使用できる 使い勝手のよい和室。
ENTRANCE
スタイリッシュな中に温かみを 感じさせる玄関。
UTILITY SPACE
スムーズな動きを実現する「回遊動線」が、 家事効率をアップ。
APPROCH
里山風情を感じさせるアプローチ。訪れる人だけ でなく、道行く人への心遣いも表現されています。
 
MESSAGE
大角  友貴さん

11月後半に、新川地区で予約制の完成披露見学会を開催。実際の建築例をご覧いただける機会です。興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。皆様のご来場を、心よりお待ちしております。

 

アルスホーム株式会社
営業部
大角 友貴(おおがく ゆき)さん