MODEL HOUSE REPORTモデルハウスリポート 石友ホーム編
石友ホームの展示場は、「子育て世帯の心豊かな暮らし」がコンセプト。家族のつながりと、家事の効率性が考え抜かれています。
考え抜かれたデザインで、暮らしのストレスを最小限に
1階のメインフロアは、LDKが一体となった、開放感いっぱいの空間。キッチンからは、ダイニングテーブル、リビング、中庭や奥の和室まで、フロアのほぼ全域に目が届きます。家事をしながら家族にも目を配ることができるよう、計算された配置です。
リビングから壁一枚を隔てた隣には、大容量の収納スペース「リビングポケット」が。つい置きっぱなしにしがちなものをしまっておくことで、リビングをすっきりと保つことができます。両側からアクセスできるウォークスルー式なので、奥にしまい込んだものが取り出せない、ということもありません。実際の暮らしのことを考えた、実用的なデザインです。
LDK
周囲よりも床を低くした「サンクンリビング」。目線が下がり、包み込まれるような安心感を味わえる。
KITCHEN
アイランド式のキッチン。シンクの横にテーブルを配置し、配膳や後片付けの際の動きを最小限に
SKIP-AREA
階段中ほどにある「スキップエリア」。子どもの勉強スペースや、オープンな書斎として利用できる。
WALK-THROUGH CLOSET
洗濯機、アイロン台、ウォークスルークローゼットを並べて配置し、洗濯から収納までの流れをスムーズに。
独自の技術で、安心・快適・経済的な生活を実現
この家に使用されている「HI-PAIR(ハイペア)工法」は、石友ホームの独自技術。柱と断熱パネルを組み合わせ、壁・天井・床の6面に施工することで、高気密・高断熱と耐久性を同時に実現します。さらに、高性能の制振装置「ミライエ」により、最大95%の揺れを吸収することが可能です。
寒い季節には、「基礎断熱」が効果を発揮。基礎部分と土間上に断熱材を設置することで、室温低下の原因となる床下からの冷気をシャットアウト。床暖房などを使用しなくても、冬の朝の底冷えを低減してくれます。他にも、数十年単位で木材を守る防腐防蟻処理など、安心して快適に暮らすための技術が多数使用されています。
STORAGE SPACE
階段下は、収納として無駄なく活用。リビングにも近く、五月人形などの季節ものをしまうのに最適。
RELAX-SPACE
寝室の隣には、くつろぎのためのスペースを用意。外の風景を眺めてリラックスできる。
JAPANESE-STYLE ROOM
玄関の土間から直接アクセスできる和室。急な来客時など、リビングへ通さずに対応できる。
 
MESSAGE
須沢 達紀さん

秋から冬にかけては、家の断熱性と省エネ性能をチェックしていただける絶好のチャンスです。お気軽にお越しいただき、低コストでも快適な石友の家を体感してください。

 

石友ホーム株式会社
魚津店営業課
須沢 達紀(すざわ たつのり)さん