MODEL HOUSE REPORTモデルハウスリポート 野島建設編
木の優しい色合いに包まれた野島建設の展示場は、開放感いっぱいの空間。独自の空気循環システムと断熱技術により、暑い季節でも快適に見学できます。
「木」に彩られた大空間が、家族の一体感を生み出す
28畳の1階メインフロアは、全域が吹き抜けとなっており、開放感にあふれた空間。2階部分には、インナーデッキが張り出しています。この構造により、インナーデッキ奥にある寝室や子ども部屋に、キッチンから直接声をかけるなど、従来にない形のコミュニケーションが可能。家全体の一体感を大切にしたデザインとなっています。
また、2階にある3つの部屋には、大容量の収納やロフトを完備。家族のつながりとともに、機能性やプライバシーにも配慮した住まいといえるでしょう。
メインフロアをはじめとする家の各所には、木材をふんだんに使用。スギ、ヒノキなど多彩な木が使い分けられており、落ち着いたなかにも変化に富んだ色合いが楽しめます。
LIVING
1階メインフロア。複数の太い梁が、力強さと木のぬくもりを感じさせる。
WOOD DECK
メインフロアからもアクセスできるウッドデッキ。プライバシーにも配慮されている。
CHILDREN’S ROOM
吹き抜けに隣り合って配置された子ども部屋
には、1階からも直接声をかけることが可能。
独自技術の組み合わせで、省エネでも快適な夏を実現
暑さの厳しい季節でも、家のなかは木陰のような涼しさが感じられます。延べ床面積64坪、6LDKの展示場で使用しているのは、18畳用のエアコン1台のみ。この高い省エネ性能を実現しているのが、「リターンシステム」です。
リターンシステムは、野島建設が独自に開発した空気循環の仕組み。夏場には、床下の冷たい空気を家中に循環させることで、室温を下げるとともに温度ムラを防ぎます。これにより、最小限の冷房でも、快適に過ごすことができるのです。
さらに、家全体に断熱加工を施すとともに、通気工法によって湿度の上昇もブロック。高度な技術を組み合わせることで、エネルギーを節約しながら心地よく暮らせる住まいとなっています。
AIR SLIT
家のあちこちにあるエアスリット。ここから 床下の空気を流し、家中を心地よい涼しさに。
LOFT
2階子ども部屋のロフトは、隣室にもつながる。 屋根の断熱加工により、夏でも快適。
WASHITSU
掘りごたつ式の本格的な和室。「遠赤外線暖房」により、冬場でも足元は暖か。
 
MESSAGE
高山 卓也さん

魚津市における2017年の住宅建築棟数No.1の当社。地域の皆様に支えていただいている会社です。プランニング・お見積りは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

 

野島建設株式会社
営業
高山 卓也(たかやま たくや)さん